ミニマリストのスマホの中身、格安SIM 他【5つのこだわり】

▷スマホカバー https://a.r10.to/hfgiHi ←元々リーズナブルだったのに破格になっています…!
▷mineo紹介リンク https://mineo.jp/syokai/?jrp=syokai&kyb=U1N8C2K8M7
▷iPhoneやiPadのフォルダ名を「空白」にする裏技 / ライフハッカー
https://www.lifehacker.jp/2018/10/how-to-hide-your-app-folder-names-in-ios.html

こんにちは。白の魔法使いエリサです。
いまや持っていない人を探すほうが難しいくらい生活に入り込んだスマートフォンの存在。
多くの方が毎日持ち歩くものだからこそ、それぞれこだわりも出てくるのではないでしょうか。

ということで今回は、ミニマリストのスマホ事情というテーマで、私のスマホに関するこだわりを5つに分けてお話していこうと思います。

1.iPhoneXsの満足と欠点
2.クールなデザインのスマホケース
3.月額1500円以下のSIMサービス
4.スマホ画面をスッキリさせる3つのコツ
5.ジャンル別おすすめアプリ

ラジオのように音声だけでも伝わるようにお話していくので、通勤や通学のお供にしていただいたり、家事をしながらお楽しみいただけたら嬉しいです。

■1.iPhoneXsの満足と欠点
私がiPhoneXsを使う前は、iPhoneSEというコンパクトで軽いiPhoneを使っていました。
厚さはXsが7.7mm、SEが7.6mmとわずかにSEのほうが厚いのですが、重さはXsのほうが明らかにずっしりしていますし、大きさもXsのほうがだいぶ大きいです。

それなのに軽さや小ささを重視する私が、なぜSEからXsに乗り換えたのか。
理由はひとつ、カメラの性能でした。

iPhoneXシリーズはデュアルカメラという2つのカメラを使っているので、撮りたいものにピントを合わせたときに背景がボケた写真を撮ることが出来ます。
一眼レフカメラのようですよね。
また、インカメラで撮影したときに人物がきれいに映るという声もあちこちで聞いていました。

ただ、本当にカメラの機能を重視するなら、スマホよりも一眼レフカメラを買ったほうが良いのは確か。
だけど私は、以前カメラを持っていたとき、重さが気になって結局置いてでかけてしまって、撮りたいシーンに遭遇したときに撮れなかった…ということを何度も経験していたので、毎日当たり前のように持ち歩くスマホにカメラ機能を持たせておくのが一番と思うようになりました。

そういうわけでiPhoneXsのカメラ機能には満足して使っているのですが、ひとつ大きな欠点があります。
それはFaceIDでのロック解除です。
寝起きでぼさっとした顔をしていたり、ちょっと下向きに顔を写したりすると、認識してくれないことがあるのです。
寝転がっての解除なんかはもうまったくダメです。
顔認証の精度が低いときの対応として、顔の登録し直しという情報があったので試してみましたが、それでもダメでした。
かと思ったらフェイスマスクをしている顔で認証してくれたりもして、なんだかツンデレなかわいさもあるのですが…
やっぱりちょっと不便です。指紋認証時代が恋しいです。

2.クールなデザインのスマホカバー

iPhoneはそのもの自体がクールなので、カバーを付けないほうがデザイン的にスタイリッシュだと思っています。
けれど私はスマホを落としてしまうことがたまにあることと、ツルンとしたボディの持ちづらさを解消するため、カバーをつけています。

柔らかすぎてもパカパカ外れたりスキマからホコリが入ってしまいますし、硬すぎるとカバーを外すのに苦労するので、側面が程よい硬さのTPUと呼ばれる素材を使った物を選びました。

シンプルだけれど程よく自分らしい個性のあるデザインを探し、モノトーンでアシンメトリーになったカバーを発見。使う前は、白い部分が黄ばんだり黒ずんだりするのではないかと少し心配していましたが、3ヶ月ほど使ってもきれいなままなので良かったです。

この動画の本文にスマホカバーのリンクを貼っておくので、気になる方はご覧ください。

▷スマホカバー https://a.r10.to/hfgiHi ←元々リーズナブルだったのに破格になっています…!

3.月額1500円以下のSIMサービス

私は現在、mineoという格安SIMサービスを使っていて、月額使用料はなんと毎月1500円以下です。
WiFiのある環境にいることが多いため、パケット容量を500MBまでのプランにしていますが、紹介特典やキャンペーンの適用で常に10000MBくらいのパケット容量がストックされていて、足りなくなったことはありません。

mineoの面白いところは「マイネ王」というサイトにあるフリータンクという仕組みで、余ったパケットを入れておいたり、足りないときはもらったりできることです。

また、フリータンクとは別にパケットギフトという仕組みがあり、月末に余った分を知り合いにプレゼントする方法があります。
毎月家族間でプレゼントし合うことで、特典やキャンペーンでもらったパケットが余るならずっとストックし続けることができるのです。

WiFiのある環境にいることが多い人や、毎月のパケット使用量にばらつきがある人には、mineoが合うのではないでしょうか。

私の紹介リンクを本文に貼っておくので、もしmineoにしたいという方はどうぞリンクをお使いください。紹介した人とされた人の両方に電子マネーギフトがもらえるそうです。

▷mineo紹介リンク https://mineo.jp/syokai/?jrp=syokai&kyb=U1N8C2K8M7

4.スマホ画面をスッキリさせる3つのコツ

一台で何役もこなしてくれるスマートフォンは、暮らしに無くてはならない物になりつつあります。
気づけばアプリは増え続け、操作は複雑に…ここにミニマリズムを適用することで、スッキリした画面を保つことが出来ます。

私のスマホ画面は基本的に1画面のみ。
それでもごちゃつくこと無く整理されてるのは、3つのコツを取り入れたから。

1つめは色別のフォルダ分け。
例えば私の一段目は黒系・赤系・青系・緑系で色分けしています。
それ以外の色は、黒系のフォルダ2ページ目か、似た色の2ページ目に入れました。

私はアプリアイコンを色で覚えていることが多く、色別のほうが見つけやすいと感じています。
色彩への感度が高い方や夢をカラーで見る方、右脳派の方には合うのではないでしょうか。

私にとっては自然なフォルダ分けでしたが、この方法をご紹介するたびに「目からウロコ」という声をいただきます。
ピンときた方はぜひお試しください!

2つ目はフォルダ名を空白にする方法。

iPhoneのフォルダ名を空白にして保存しようとしたことがある方ならわかると思いますが、そうすると通常は元の文字に戻ってしまうので、フォルダ名を消すことはできません。

ですが裏技がありました!ブライユ空白という文字を使うことで空白のままにできるのです。

フォルダ名が無いと不便なケースもあると思いますが、私はアイコンを見たら判断できたので、フォルダ名は不要と思って空白にしました。

この特殊文字をコピーできるサイトを本文に載せておくので、やってみたい方はどうぞご覧ください。

▶iPhoneやiPadのフォルダ名を「空白」にする裏技 / ライフハッカー
https://www.lifehacker.jp/2018/10/how-to-hide-your-app-folder-names-in-ios.html

3つ目は、壁紙をシンプルにすることです。
壁紙がごちゃごちゃしていると、アプリが埋もれてしまいがち。
もちろん、それをわかったうえでテンションの上がる派手な背景にするのも選択のひとつ。
でもシンプルな背景はそれだけでアプリの視認性を上げてくれます。

アプリを「どこだっけ?」と探しがちな人は、壁紙をシンプルにすることでラクになることもあるのではないでしょうか。

5.ジャンル別おすすめアプリ

動画編集におすすめのアプリはこの3つ。

VLLOは、これ1つあれば動画編集をスマホで完結できるほど優秀なアプリです。無料版でも十分使えますが、効果音やエフェクトに制限のない有料版を私は使っています。
RushはAdobeが提供している高機能編集ソフトPremiereProをサポートするような編集アプリです。
出張先で撮影した動画をアプリ上で切り貼りしておき、帰ってからパソコンで完成させるということができます。

ちなみに私は本格的な編集がしたいときはPremierePro、スピード重視や出先ではVLLOと使い分けています。
アプリかパソコンのどちらか片方に絞ろうとしたこともあったのですが、状況によって使い分けたほうが時短になるので、こうなりました。

十種類くらいの動画編集アプリやソフトを使ってきた私にとって、今はこれがベストです。

Canvaは、デザイン性の高いYoutubeサムネイル画像を簡単に作れるアプリです。
Youtubeだけではなく、InstagramやTwitter用など、それぞれに適したサイズのテンプレートが用意されていて、感覚的におしゃれな画像を作ることができて楽しいです。

持ち物を減らすのに役立つアプリはこの3つ。

エイトは名刺管理アプリで、名刺の写真を撮るとデータとして名刺情報が蓄積されていきます。
これのおかげで名刺自体をとっておく必要がなくなりました。

ネットワークプリントは、資料や写真をローソンやセイコーマートなどのコピー機でプリントアウトできるアプリです。
これは出張先で急遽プリントアウトしなければならなくなって入れたのですが、プリンター使用頻度が低い人なら、これがあればプリンターを持たなくても良いと思いました。

チャージスポットも、同じく出張先で充電が切れそうになったときに入れたアプリです。
QRコードのスキャンと支払い方法の登録で簡単に充電器をレンタルすることができるサービスで、地図から最寄りのレンタルスポットを探すこともできます。

みなさんのオススメのアプリがあったら、ぜひコメント欄でお教えください。

今回は、ミニマリストのスマホ事情というテーマで、私のスマホに関するこだわりを5つに分けてお話しました。
なにかお役に立つヒントになったのなら嬉しいです。