【失敗】docomo iPhone/Android 中古SIMロック解除の無料手続きやり方方法

SIMロック解除のお手続きが正常に成功すればもちろん問題ありません。今回のエラー内容は「本体無償交換品」であることが原因でdocomoショップさんにご迷惑になりましたが登録し直しを窓口にしていただき、再度ネットWebから同じ操作をしたらSIMロック解除の手続きが正常に完了しました。これで中古スマホをお客様にSIMフリーで間違えないです!と販売することができますのでSIMロックが解除されていないdocomoでしか使えませんよ!!と表記するよりも3,000円から5,000円ほどの違いになりますがSIMフリーにすることができましたと明記することができました。

−判定や×判定△判定などにdocomoのSIMロック解除は左右されません知る限りですがまったく関係がありませんと個人的に記憶しています。分割支払い割賦残債から1-3など数ヶ月しか経過していないを除きます。

紛失という扱いになっていればもちろん取り扱いをしてくれません。様々なことがありますがのでまずSIMロック解除のお手続きをする場合には絶対にできると過信するよりもできない可能性が多く含まれる危険性を考えておくと例えばネット通販などメルカリやヤフオク「詳しくは分かりませんがdocomoは中古でもSIMロック解除ができるはずですので絶対大丈夫だと思います!」という文言を見た場合にはトラブルに遭遇する可能性が多少あるという予期をすることができるということになります。

できないものはできないので、できるようにするためにどうしたら良いのか?docomoサイトでなんども5回も10回もアホみたいに同じことをなんども繰り返してイライラするよりももっと良い解決法方法を選択肢が見当たる正常な判断力が必要なのかもしれませんのでご参考ください(^ ^)今回は成功した状態では無くて失敗した事例がご紹介できてともて良い動画が撮影できたと個人的にはお客様などこの状況を実行し見ていただいている人に精神的に大きくガッカリさせる気持ちになることが少しでも軽減されるかもしれないと思い!嬉しい結果映像です^ – ^